ネットワークビジネスの勧誘をなにげにしてみたら・・・

ネットワークビジネスをするかしないかは相手が決める。

さる・ねこ・ほんわか置物

そう、心に決めて、

いつでも相手の幸せを願いながら、過ごしていくと、

何かしら変化があるような。

あきらめない気持ち。

未来への希望。

それだけを持って、サンプルをカバンに入れた。

今日は、地元でイベントがあり、
私はとある作家の先生のアシストをすることに。

初めて会う人だったけれど、明るくあいさつをして。

地元の人かな~、と思いながら、ドキドキしながら、
自分のことを自己紹介した。

そしたら、先生も住んでいる場所とか、
紹介してくださり、そこから親しくなった。

千葉のほうから来たとわかり、
昨夜からこちらに来ているということだったので、

すぐに名刺と一緒に、ビタミンCを渡した。

「これ、天然のビタミンCです。
美味いしんでよかったら飲んでください。」

なんとなく忙しかったり、

なんとなく余裕があったり、

わりとゆったりと時間が過ぎていくなかで、

ちょこちょこ会話も増えていった。

私が本業がうまくいっていないことも、
そのなかで明かした。

帰り際、ヘモヒムを2包渡した。

「これ、高麗人参の40倍ぐらいの成分が入ってるんです。
夜飲んで、朝また飲んでください。」

で、ついでに歯ブラシと歯みがきも渡した。

先生「これは?」

私「プロポリスって聞いたことありますか?
これは世界初の水溶性で、浸透性がいいんです。
歯がとても気持ちいいんですよ。
歯ブラシは、金粉が入っていてとっても磨き心地がいいんです。

実は、事業のほうは、なかなかキビしいので、
こちらで権利収入をもらってるんです。」

先生「みんなそういうのやってるんだね。いくら?」

私「歯ブラシは、市販だと300円代なんですが、
アトミで買うと、8本で900円しないんです。

しかも登録無料で定期購入もないので、
すごくいいです。」

先生「そんなに安いの?じゃあ、アトリエで売ろうかな。

また明日、詳しく教えて。」

先生の顔も、なんとなくウキウキ嬉しそうだったので、
嬉しかった。

帰宅後、急いで千葉のメンバーさんに連絡。

「千葉でグループが広がるよう、やる気があるならば、
あなたにつけますが、どうしますか?」

そしたら、「お願いします。」と返信が来た。

製品カタログと概要書面と資料を明日渡そう。

行動あるのみ。

やれるだけ、やってみよう。

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です