ネットワークビジネスが不労所得になるってホント!?

ネットワークビジネスというと、

『不労所得』だと、よく言われます。

6a971130394fb15f373692cd13df10b9_s

不労所得と聞いて、参加する人のほとんどは、

なんだよ!全然稼げないじゃないか!

これじゃあ労働収入だよ!!!

と、愚痴をこぼしたり、辞めていったり、
最初から不労所得が入ると思って、

製品を購入しない。そして行動しない。

という人もいます。

面白かったのは、

「製品を購入すれば、報酬がもらえると思っていた。」と、
文句を言われたことです。

この人は、製品を購入もしていないのに、
私に文句を言ってきました。

そして、言った後で、謝ってきました。

とにかくいろんなレベルの人がいます。

基本的に、ネットワークビジネスは、貯金とは違い、
「お金を預ければ、預けた分が増えていく」ことはありません。

ネットワークビジネスは、ネットワークを築きながら、
自分も含めて製品の流通を拡大していくなかで、
報酬が発生します。

ネットワークマーケティングは消費者の自然発生的な口コミマーケティングを
意図的な口コミマーケティングに転換したマーケティング方法だ。

人は日常生活で自分が使っている製品やサービスが気に入れば意識的であれ

無意識であれ知人に紹介することがよくある。

会話の中で自然に出てくる場合もあるし相手に有益だという思い

により出てくる場合もある。

しかし、このような自然発生的な口コミマーケティングはマーケティングの行為者

には何のインセンティブも無いため非常に消極的になるしかなく、
意味のある売上増加は期待しにくい。

ネットワークマーケティングはこのような自然発生的で消極的な
口コミマーケティングを意図的で積極的に変化させ

意味のある売上増加が期待できるようにマーケティングの行為者に
インセンティブを支給することから始まる。

 
参考:アトミ報道資料より
 

 

報道資料の表現は、すごい的を得ていると思います。

 消費者の自然発生的な口コミマーケティングを、
意図的な口コミマーケティングにしていくために、
製品を使い、セミナーへ行ってインプットして、
それを実践していく、アウトプットしていくことの
繰り返しが、目標達成への近道であり、
不労所得への近道です。

最初から自分の実践なくして不労所得がもらえるということは、
ありえません。

ビジネスという言葉は、誰かがしてくれるのではありません。
自分が動くいて道を切り拓いていくからビジネスなんですね。
 

私たちのグループでは、5年間をめどにして活動しています。
5年後には不労所得状態にして、引退して好きなことをしていく。

5年間の間に、アトミで一生分の労働をする。
私はその考え方に賛同しています。

金持ち父さん、貧乏父さんを著した、
ロバートキヨサキは、
『ネットワークビジネスは、ビジネスオーナー教育のビジネスだ。』
5年でビジネスオーナーになれる。と言います。

ロバキヨの言っていることと、アトミ活動期間の
5年間がマッチしているため、深く納得しています。

活動して5年経ってからも、ずっと働き続けることを
しなければ、メンバーが辞めていってしまうのが、
一般的なネットワークビジネスだと思いますが、
アトミの場合は、メンバーが辞めることがありません。

なぜならば、定期購入をしなくても、報酬が入るから。
条件さえ満たしておけば、報酬が入り続けます。
ここがホントにスゴイと思います。

だから、最初に集中して動いたほうが、
結果が早いのです。

あとは、成功曲線に従って、
成功曲線を信じて活動するのみです。

爆発的にグワーっと上がる時が、必ず来ます。

ネットワークビジネスが不労所得になるのは、
成功曲線が上がり始めて、上昇気流に乗ったときに、
不労所得になるでしょう。

成功曲線については、別の記事で☆

アトミの資料請求はコチラからどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です