アトミの口コミをTwitterとLINEでしてみた

アトミを知り合いに口コミするのは、
いつものことで、自然の流れに任せています。
 
normal_twitterlogo

いつもいつも試行錯誤しながら、
学びの日々ですがw

ある日、twitterのメッセが届きました。

その方は、ネットワークビジネスの勧誘をしてきました。

私は自分もネットワークビジネスをしていることを告げて、
LINEでつながりました。

で、たいていLINEへ移行するときというのは、
お互いに本名を名乗ることが多いのですが、
相手の方は、ずっとニックネームだったので、
あまりいい気持ちになれないまま、
やりとりをすることに。

(これも、私の価値観なのかもしれませんが、
勧誘したい立場だったなら、個人的にやりとりが始まったときには、
本名名乗れよ!という価値観を私は持ってるんですね~。
だって私が勧誘する側ならともかく、相手が私を勧誘したいんですよ。
私は本名を明かしたのにもかかわらず、ニックネームで
通そうとする価値観、考え方がそもそも非常識に感じたのです。)

それから、相手が言ってきた言葉は、

「会って話しませんか?」というので、

「いいですよ。名古屋まで来れますか?」
 
と言ったところ、

「名古屋でセミナーがあるのでその時に。」というので、

「わかりました。」と返事をしました。

それでやりとりが終わってほしかった。。。

「どちらの会社ですか?」と尋ねられたので、

「もしよろしければ電話で話しませんか?」 と言ったら、

「電話だと理解できないかもしれないので、」とやんわり断れました。

そして、また、

「どちらの会社ですか?」というので、

自分の会社も名乗らずに言ってきたので、
 
さすがにそれはどうなんだろう?と思ってしまい、

「●●さんは、どちらの会社ですか?」と聞いてみたところ、

会社名とチームとリーダーの名前を教えてくれました。

それから、また私の会社名を尋ねられたので、

「資料をご覧になりますか?」 とお伝えして、

資料請求フォームを送ったところ、

夜に、「告知義務があるのではないですか?」と
言ってきたので、

「大変申し訳ありません。会社名は、資料請求をいただいた方のみ、
お送りさせていただいております。」と返信して、

個人情報を入れるのがイヤそうな雰囲気だったので、

「捨てアドだけ私にメールしていただけばいいですよ。」 

と、メールアドレスを書いてLINEに貼り付けました。

「●●さんは成功できる人です。」とお伝えしたところ、

「いろんな会社を見て勉強したいです。」と言ってきました。

おそらく、まだネットワークビジネスを始めたばかりの
方のように見受けられました。

また、どうなったか報告したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です