ネットワークビジネスの勧誘で言ってはいけない言葉

ネットワークビジネスの勧誘で言ってはいけない言葉がある。

タイミングにもよるのだけれど、

「私を助けてくれた人がいるから、会って欲しい。」

コーヒータイム_s

とか。そういうことを言われたら、
誰でもドンビキすると思う。

話が中盤まで進んでいたときだったなら、
それは有効だと思う。

でも、しょっぱなから、
自分の欲求に聞こえることを言ってはいけない。

自分が水が飲みたい、とか、

時間が欲しい、とか、

だれだれに会いたい、とか、

おいしいものが食べたい、とか、

お金が欲しい、とか、

やせたい、とか、

もっといい暮らしがしたい、とか、

そんなものは相手にとっては興味などない。 

相手にとって興味のないことを話したところで、
相手にしてみれば、有益どころか、うざいだけだし。

いつでもネットワークビジネスとかの口コミや勧誘するときは、
自分の話は、相手にとってもメリットになることしか
話さなくていい。

相手が必要だと思うから、何かを提案するとか、
提案するときの伝え方が、「いちど会って欲しい」とかだったら、
心が動くかもしれない。

伝えるときのタイミングは、本当に慎重に、、、。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です