ネットワークビジネスはたまご?にわとり?どっちが先?

たまごが先か、にわとりが先か。
という話があります。

にわとりイラスト

ネットワークビジネスにおいても、
この話は、とても大切になっています。

たとえの一つは、「組織について。」
もう一つは、「報酬について。」

組織について

アトミのセールスマスター の話で例えると、
セールスマスター には、動けばだれでもなれます。
ですが、セールスマスター のタイトルを獲得後、
動けなくなる人が多く、
元に戻ってしまうケースがあるようなんです。

その原因が、「組織を構築していなかった」というもの。

セールスマスター になるから売上に協力して!!!

というのは、カンタンです。
一度ぐらいは、お願いされたら「いいよ!」って、
快くOKするのではないでしょうか。

でも、毎月毎月、しかも月に2回、
「セールスマスター になるから売上に協力して!!!」と
言われたとしたらどうでしょう?

「あの人のタイトルのために売上協力を続けるなんて!!!」

と、なってしまい、その結果、
だんだんと、人が離れていくのではないでしょうか?

そう、だから、組織を構築しておかないと、
一発屋で終わってしまう可能性があるのです。

では、組織構築は、いつ構築すればいいのでしょうか?

セールスマスター になったからのほうがいいのか?

それとも

セールスマスター になるまでに構築したほうがいいのか?

今、私の所属しているセンターでは、
セールスマスター が20人近く誕生しましたが、
ほとんどの人が、「セールスマスター にチャレンジした時の
情熱に戻ることができない」でいるそうです。

情熱。

そう。
情熱って、目標達成前のほうが、燃え盛っているんです。

例えば、受験生が、入りたい大学のために
受験勉強をして、一生懸命勉強したのに
不合格だったとしますよね。

そしたら、そのうちの、何%が浪人を決意するのでしょうか?

さらに、浪人したうちの何%が合格するのでしょうか?

さらに不合格だった場合、二浪しようとするのは何%でしょうか?

そうなると、いつでも情熱が盛り上がる時期というのは、

「最初にチャレンジするとき」なのではないかと思うのです。

ネットワークビジネスで言えば、アトミだったら、
セールスマスター ですが、
セールスマスター で成功したいと思ったならば、

情熱を持って、セールスマスター になるためのことを
考えて行動するよりも、セールスマスター でいるあり方は
どんなあり方なんだろう?って考えて、

あり方に沿って、組織構築していくのが、
成功への近道なんじゃないかと気付かせていただいています。

なのでセールスマスター になってしまってから
組織構築しようとしていたら遅いんです。

セールスマスター という目標を掲げつつも、
セールスマスター としてふさわしいあり方を
組織構築していくんだ!とコミットして、
組織構築、つまり、自分のメンバーさんたちを
大切に絆を深めていくことが、
メンバーさんたちにも大きな組織を構築していく
礎になっていくんだなあと思わせていただいています。

もう一つの「報酬について。」は、次の記事で。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です