ネットワークビジネスのスポンサーとかパートナーとか何なん?

ネットワークビジネスでは、
いろんな用語がありますね。

e31af1f6ba2d0b2244722a4b320d07d6_s

そのなかでも、なかなかわかりずらいのが、
呼びかたですw

アップ

ダウン

パートナー

スポンサー

いろいろあるのですが、

バイナリーのアトミでは、
どんなふうに呼べばいいんだろう???

って思ってしまうことがあります。

スポンサーとかパートナーとか何なん?って
???なのです。

私たちのセンターでも、それが話題になりました。

答えは、正しいとか、正しくないとか、
いろいろな人がいて、いろいろなとらえ方、考え方が
あるので、一つではないかもしれませんが、

私たちがだしたとらえ方は、
こんな感じになりました。

アトミでは、「ダウン」という言い方はしません。
自分よりも下に登録している人のことを、
「傘下」とか「グループ」とか、「メンバー」と
呼んでいます。

バイナリーなので、自分が紹介した人だけじゃなく、
いろいろな人が登録されてきます。

自分の紹介した人を、「パートナー」と呼ぶかな。
で、一緒にビジネスしていく人を、
「ビジネスパートナー」と呼ぶときもあります。

それから、アトミでは、「スポンサー」といういい方が
ありますが、

スポンサー=紹介してくれた人

というとらえ方をしますが、

私たちのところで、それが議論になりました。

「スポンサーってなあに?」ということを
様々に言い表しました。すると、

・サポートしてくれる人

・上に引き上げてくれる人

・応援してくれる人

・ともに喜んでくれる人

・相談に乗ってくれる人

・自分を成長させてくれる人

etcetcなどの形容詞が出てきました。

さらに突っ込んだ質問を、、。

「では、あなたのスポンサーは誰ですか?」

 
・・・・・。

そうなると、最初に言っていた、

スポンサー ≠ 紹介してくれた人

というのは、必ずしもイコールではない、ということに。

紹介してくれた人というのは、あくまでも
アトミにご縁を作ってくれたというだけで、
紹介してくれた人全員が、
必要なサポートをする人ばかりではないということ。

だから、自分にとってのスポンサーは
誰なのか?という視点からシフトしていくと、
現在の、スポンサーといえる人の名前が
浮き上がってくるのです。

そうなると面白いもので、
一人、もう一人、と名前が出てきます。

サポートしてくれている人は一人だけじゃない。

つまり、私たちが出した、「スポンサー」とは、
自分のアップラインのなかでも、
紹介してくれた人が「スポンサー」なのではなく、

・サポートしてくれる人

・上に引き上げてくれる人

・応援してくれる人

・ともに喜んでくれる人

・相談に乗ってくれる人

・自分を成長させてくれる人

がスポンサーであり、
すなわちスポンサーは複数いてもいいんです。

という定義になったのでした。

私のビジネスパートナーのAさんに
私のことを聞いたら、

私のことは「スポンサーだよ」と
言ってもらえたのでホッとしたのは
言うまでもありません^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です