ネットワークビジネスで本物の成功者がとる行動とは

ネットワークビジネスで、成功していて、
成功曲線に乗っていて、成功し続けている人というのは、
どんな行動をしているのでしょうか?

141013team-thumb-640x356-80315

ネットワークビジネスって、「人と人とのつながり」が、
絆となり、組織となり、流通となり、信頼や安心や、
愛が流通している組織ほど強固に拡大していると
思うのですが、

ネットワークビジネスというのは、
シンプルに言ってしまえば、

『ヒト・モノ・カネに
どれだけ自己投資できるか?』

になるのかなと思います。

これはどういうことか?というと、
ビジネスオーナーになるよう、
人間的成長にまつわるすべての
 ヒト・モノ・カネに対して、
自己投資をし続ける人が、
真の成功を手に入れることができるのでは?
と、いう視点に気付かせていただくように
なりました。

初めて成功を手にしたとき、
初めて報酬を手にしたとき、

それまでに、
時間を投資してセミナーに通いました。
お金を投資して製品を買い、使いました。
人と会うために、自分から会いに行きました。

ネットワークビジネスというのは
複利型の権利収入です。

だから、成功すればするほど、
時間を投資してセミナーに通うという点に
プラスして、時間を投資してセミナーを開催する。

お金を投資して製品を使い、さらに
キレイに健康になっていく。

 人やビジネスパートナーたちの組織、グループと会うために、
時間やお金を投資する。

そういうことが「継続」という実証のなかで、
やり続けることが重要で、
サポートして引き上げながら、動き続けながら、
同じようにできる人を育てていきながら、
それを5年間、やり続けると決めること。

ちょっとぐらい組織ができたからといって、
行動を止めないこと。

一生分プラス孫の代まで権利収入が
もらえるのだから、一生のうちの
5年間だけはアトミに集中、優先すること。

これが将来の自分を決めるといっても
過言ではありません。

 
アトミは小さな組織のあいだは7000円ビジネスです。
7000円という報酬のために、大きな労力を費やしていたと
したら、そこから抜け出したほうがいいです。

そうではなくて、子どもや孫までもが
困らないよう、入り続ける基盤を作る
努力を5年だけしてみる。

5年だけあきらめない。
5年だけやり続ける。

5年だけやり続けた結果、やり続けた人にだけ
見える景色があるのだと、
とうとうわからせていただいてきたのでした。

ヒト・モノ・カネを動かすのは、
誰でもない、自分自身であり、
自分の投資した分が、成功曲線を描きながら
自己投資も大きくなるのが普通なんです。

大きくなればなるほど
複利のパワーも大きくなるのですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です