ネットワークビジネスのパートナーの成長を感じた一言

アトミのビジネスパートナーのAさん。
Aさんは、アトミに登録して4か月ですが、
すでにビジネスパートナーが数人いらっしゃいます。

013

Aさんはとても積極的に活動しており、
いろんなアイデアを考えては実践されています。

私とAさんは、毎月会っていて、
セミナーにも一緒に参加しています。

そして、活動しているなかで、
いろんなことが起きていて、
エキサイティングしています(笑)

Aさんはまだまだ伸びしろがある人です。
最初の頃は、反論が多かったですが、
少しずつ、素直になってきました(笑)

自己流のやり方では成功が遠のいてしまうことが、
少しずつわかってきていると思います。

ある日、Aさんがビジネスパートナーのことを
私に相談してきました。

具体的な内容は伏せますが、
抽象的に言うと、
「アップの言っていることを自己流に
変えてはだめですか?」ということでした。

で、そのときAさんが言った言葉が、
「そのビジネスパートナーは言い訳してる。」って。

ビジネスパートナーの言葉を、
言い訳だと見抜いたんですよね。

その瞬間、Aさんの成長を感じて、
すごくすごく嬉しかったです。

私がそのとき言った言葉は、
「Aさんはそれを言われて困ってるんですね。
それはAさんの姿なんですよ。」と言いました。

Aさんも、ビジネスをスタートした頃というのは、
「アップの言うことを素直に聞かない。」の
連続でした(爆)

あー言えばこう言う。
人の話を聞かない。
私はこうだから。

残念ながら失敗のレシピの方向に
向かう言葉を言い切ってしまっていたのでした。

Aさんの姿を見たとき、私はAさんを責めることは
しませんでした。

なぜならばそれはすべて「私自身の姿」だったからです。

私はAさんを通して、自分に気付かせていただき、
自分の考え方が間違っていたことを反省しました。

そして自分を成功の方向へ、アップの言うことに素直に
聞く方向へと自分自身を変えたのです。

Aさんは、私に言われて変わるような人ではありません。
そんなに素直ではありません。

悪口を言っているのではありません。
私はアップに言われて変わるような人ではありませんでした。
私はそんなに素直じゃありませんでした。

つまり鏡の法則です。
私自身がそうだったからわかる、それだけです。

あとは自身が成長したいかどうか?
成功したいかどうか?
それだけ。

成功する方向へ転換させてくれるのが、
ビジネスパートナーという存在なんだと思います。

もともと素直な人というのは、
パートナーも素直な人だったりします。

マジで。

ですが、自己流という人は、
パートナーも自己流の人がつながりやすく、
自分が失敗のレシピに自分で気づいて
方向転換するまで、
気付かせてくれるパートナーが
現れ続けるのです。

これがネットワークビジネスにおける
人間成長の機会を与えてもらっている
醍醐味と言えるかとも思います。

人はいつでも、間違いに気付いたら
方向転換ができる。

生きている限り、成功の方向へ、
何度も進路変更ができる。

だから自由なんですよね。

私はビジネスパートナーの成長を感じて、
ホントに嬉しかったのでした。