ネットワークビジネスで難関を乗り越えた2つの出来事

前の記事「ネットワークビジネスで難関を乗り越えた先に見えたもの」の続きです。

sport-1020133_640

私がアトミのネットワークビジネスをする上で、
たくさんの難関を乗り越えてきたわけですが、

最近起きた2つの出来事をお話したいと思います。

ひとつは、HTさんから、
他のネットワークビジネスに誘われたことです。
はっきり言って、私がアトミを集中したいことを
知っているはずなのに、色々なネットワークビジネスの
話をしてきます。

これで5社目だったかな???(爆)

ですが今回はどうも本気なようなのです。
で、私をセミナーに誘ってきたのです。

ちなみにHTさんは、アトミのセミナーに
誘っても今まで一度も参加していません。
すべて断られています(爆)

でも私はHTさんの話を聞くことにしました。
何がそんなにHTさんを本気にさせたのか、
見てやろうと思ったからです。

そして、断ってもきっと今までと関係は
変わらなかったと思うのですが、
ちょっとおいしい話だったので、
まあいいや、付き合いだ、と思い、
義理で登録したのです。

で、誰も誘うつもりはなかったのですが、
HGさんが浮かんだので、HGさんにだけは
声かけてみよ~って思ったんです。

そしたらHGさんは、とっくの昔にそのMLMの
話を聞いており、ある条件がひっかったため、
やめて、別のやつをしているというではありませんか。

うそだ~。
私、そんな話聞いてないよ!

ということになり、で、HGさんのしているMLMの話を聞いたら、
なんと報酬プランがソックリ!!!
こんなことってあるの???

でも誰も誘わなくても、毎週お金が入るというではありませんか!
マジか。。。

で、私はHGさんの話が気になってしまい、
会社を調べたりしたのです。
そしてセミナーは大阪でしかやっていないそうで、
大阪までいかないといけないそうです。

スカイプでは、説明しないそうです。

考えれば考えるほど、うまい話なので、
とうとう、私のほうから、
「登録するから概要書面送って。」と
伝えたのでした。

結論から言うと、HGさんのやつは、
スポンサーに相談して、登録は見送りました。

でも私が何を言いたいかというと、
HGさんは、いちども私を誘わなかった。
なのに私が気になって、登録までしようと
してしまった。まさにマジックです。

それが悔しくてw
ですがHGさんとの出来事を通して、

誘わずに興味を持たせるコツというのが
見えてきたのです。

それが『自由性』でした。

相手に逃げ道を8割ぐらい作っておくのです。

登録してもしなくてもどっちでもいいよ~
というスタンスで教える、話す、ということ。

やりたかったらやれば?
って感じ。

そうなるとまさに自然体ですよね。

でも、それができるまでには
たくさんの経験が必要でした。
必死になって活動する時間が必要でした。

でも、よ~く考えてみると、
アトミでは、リピート購入による
売上げだけで報酬が発生しています。

だれも強制的に買っている人など
いません。

なくなったら使う。
の繰り返しで、
リスクがありません。

HTさんとHGさんに他社MLMの話をされて、
私の気持ちの動きとともに気づかせていただいたのがひとつ。

それからもうひとつは、
ビジネスパートナーのAさんが、
AさんのパートナーのYさんに話していた
姿、様子、話し方を見ていて、
「なるほどなるほど。」と、、、。

私の目に映ったのは、
相手が欲しい情報を伝えていなくて、
自分が伝えたい情報を伝えている。

という姿でした。

もちろんわかっています、
Aさんの気持ちは「これを言えば感動するだろう」とか
「これを言ったらアトミを使いたくなるはずだ」とか
そういう確信を持っていることも。

ですが逆効果だということに、
今はまだ気づいていないようです。

それに気づくためには、何度も同じことを
繰り返していくことになるでしょう。

ビジネストレーニングに参加したり、
セミナーに参加したり、
そして何よりも一番いいのは、
自分のパートナーが同じようなことを
する人が現れるのが一番早いかと思います。

パートナーの姿こそ、自分の鑑(かがみ)なのですから。
(=゚ω゚)人(゚ω゚=)♪

7か月前、
「アトミやめたいー!!!」と
号泣しながら、川の土手で一人で泣き叫んでいたのが
懐かしい、、、。

あのとき、受け止めてくださった仲間がいました。
その方には、ものすごく感謝しています。
あれがなかったら、きっと難関を乗り越えることなく
やめていたでしょう・・・。

難関を乗り越えた日々、そして再生してきた道のり。
アトミに出合って本当によかったと、
しみじみと思っています。