ネットワークビジネスの成功への決断を妨げていたもの

ネットワークビジネスの成功への決断を妨げていたブロックが
最近、ひとつ外れました。

まるでブロックしていた分厚いかさぶたのように、
私のなかにドン!と居座りこんでいた、あるものとは?

sport-1020133_640

それに気づかせてくれたのは、
パートナーのパートナーYさんでした。

Yさんのおかげで、
言っていることとやっていることが
一致しているかどうか?

一致していないと、どういう結果が訪れるのか?が
よくわからせていただきました。

Yさんは、「お金がないからアトミの製品が買えない」と、
口グセのように繰り返していました。

そして会話はネガティブで、
できない理由を並び立てるのがすごく上手。

ですが、会った直後とかは注文している。
けれど会ったときは、「お金がない。買えない。」を連発。

いまいち接し方がわからないので、
様子を見ていました。

Yさんはネットワークビジネス経験者です。
数社のMLMを経験し、以前のMLM製品もとても気に入っていました。
ある日、他社のMLM製品に該当するものが
アトミにあることを紹介したところ、
「どうしても気に入っているから、
前のを使いたい。1万円以上に注文すれば
送料が無料になるから、またこんど注文するつもり。」
と言って、アトミ製品を拒否されたのです。

Yさんは拒否する気持ちはないと思いますが、
ただ純粋に前のMLM製品を使い続けたい
ということだったんだと思います。

私は、お金がないと言うなら、
アトミ製品を使って、PVもためて、
早く報酬につながるし、自分が使えば、
他の人に勧めやすくなるじゃん!と
思いましたが、その日は何も言わずに帰りました。

そして問題が起こったのです。

Yさんは、どうしてもお金がなくなってしまい、
困りはてて自分の親に助けを求めたのです。

その結果、親と大ゲンカ。
そもそも原因を作ったのは自分自身なので、
悔しい思いを引きずって帰ったのでした。

その話を、聞いたとき、私はやっぱり思ったのです。

「他社製品を使いたいのはわかる。
けど、今はそれどころじゃないじゃん!
そんなに他社のが使いたかったら、
アトミで成功してから買ったらいいじゃん。」

そう、順番を逆にすればいいだけの話なのです。

まずはアトミに集中する。
欲しいものが他社MLMにあったとしても、
アトミの製品を使う。

報酬が入って余裕が出てきてから、
他社製品を買う。

こだわりやプライドは、捨てる。
そういうことが、他人を見ているとわかるんだけど、
自分のパートナーよりも、
パートナーのパートナーという存在のほうが、
気づきが早いし、深い気づきが得られるんだなあと
今回のことで、思わせていただきました。

というのも実は私も同じような部分が
あったからです。

前のネットワークビジネスの製品を
すごく気に入っていて、ある製品だけは、
愛用し続けたいという気持ちでいたのです。
もちろん愛用ですから、ただの消費行動です。
愛用だけのため、報酬も入りません。

それについて、自分自身に正当化してしまっていました。
それのなにがいけないの?
ぐらいに思っていました( ̄ー ̄;

私が、そんな気持ちでいたから、
Yさんの姿を通じてものすごく反省しました。

他社のサプリがどんなによくっても、
それが欲しいと思っても、
今は、買わない。

お金がないんだったらアトミを買ったほうがいい。
アトミを意識していく。
いつでもアトミ製品を使う。
アトミ中心に考える。
アトミを優先する。
あとのことは二の次にする。

そして、お金ができたら他社サプリが
欲しければ買ったらいい。
好きなことをしたらいい。

アトミにブランドチェンジしていくことは
カンタンです。
ですが、こんなに自分にブレーキをかけて、
自分で問題を作って、
自分で壁を作って、
ただ進めばいいだけの道があるだけなのに、
前をふさいでしまっているのはすべて自分だった
ということに気づかせていただいたのでした。

気づかせていただいたYさんには
感謝しかありません。