ネットワークビジネスとお金の向き合い方について

ネットワークビジネスのアトミをしていると、
お金の問題が、からみついてくることがあります。

cigarettes-621346_1280

製品が欲しい。でも、買えない。
個人レベルではなく、私のパートナーさんたちも同様に。

そしてふと、思ったんですよね。
今、お金がないことで得られるメリットが
あるということに着眼してみることにしました。

つまり、じゃあ、もしも今の私に、
お金があったらどうなるか?って、
考えたのです。

そしたら、『自己犠牲』というのが
ふと浮かび上がりました。

成功者というのは、どんなにお金に困っている人が
いたとしても、お金を貸すことはしないと思うんです。

実際に、私のアップラインは、
お金を貸してくれるようなことは
ありませんでした。

飛行機とか新幹線の交通費なども、
借金してでも自分で出させるのです。

だからいつも、
「どうやったら工面できるか?」ばかり
考えていました。

そんな私が、成長するためには、
もしもお金を持っていたら、
自己犠牲をして、相手を助けて、
相手の成長を妨げてしまったり、
依存させてしまったりすると思うのです。
というか、そういう関係性しか築けないのが、
今の自分であると気づいたのです。

そこを自分でステップアップしていくためには、
さんざん、もっともっと苦労して、
もっとどん底に落ちないと、
クセは治らない、と、思ったのでした。

お金の問題も、自分の問題です。
だから誰かに頼るのではなく、
自己解決するチカラを身につけないと、
他人を解決してあげるチカラも身につきません。
お金を出してあげれば解決できることは
たくさんあります。

ですが、それを続けていたら、
グループの成長はありません。

結局、ひとりひとりが自ら成功しないと
意味がないし、お金があったらあるだけ
お金で人を助けていたら、
私が次のステージへ行くことはできないと
悟ったのです。

そういうところに気づかせていただけたのも、
アトミのネットワークビジネスを
していたおかげだなあと思います。

なぜかというと、
お金に対しての自分の在り方も、

自分の教育部分である、ということだから。

お金は、あれば使えるけれど、ないから使えない。
ないなら、ないなりにどうやって流通を広げるか、智恵を絞る。
もしもお金があったら、他人のために、
どんどん使ってしまう。

お金がなくても使ってしまうのに、
今の自分にお金があったら、ヤバイことになる。
そして、もし自分がお金があったら、
お金がないという人に、自腹で
なんとかしてあげてしまいそうな自分がいる。

そういう自分のままでいたら、
おそらく成功はできないと思う。

だから、他人をお金で助けるのではなく、
お互いに成長をしながら、小さなチカラを
パワーにしながら、小枝でも大きな炎に
燃え上がる大樹になるように、
それぞれが燃えることができる人を
創る、育てること。
そして、自分の人生を生きるために、
もらう生き方ではなく、あり方と、
やり方を手に入れること。
それができる人が増えたら、もっと
幸せな成功者が増えていくんじゃないかと思う。

だから、この環境に身を置いているのは
自己成長のため以外の、なにものでもない、と、
気づかせていただいたのでした。

お金があったら、気持ちいい人間関係を築いていられるよう、
お金に向き合っている自分の
あり方もレベルも、とらえ方も、使い方も、
きっと今とは違っていることを想像しています。