アトミシャンプーのサンプル作り

アトミのシャンプーとリンスを12本(4本×3セット)ずつ買った。
26

なぜなら、ビジネスとして誘うのではなく、

シャンプーを体験してもらって、使いたいと思う人を探したいから。

てなわけで、サンプル作成開始!

100円ショップで、容器を買ってきた。
買ったのは、80mlの容器。

39

80mlだと、シャンプー1本が500mlだから、6個サンプルができる。
まずは、シールを貼って、テープで止めていった。

54

そして、シャンプーとリンスを充填して。
う~ん。いい感じ♪^^
10

そして、包装。まずはチャック式のビニール袋へ。
14

それから自分で作ったワードのシャンプー説明と一緒に包装。
これにて完成~♪
16

受け取った人のサプライズ感と、喜んだ顔が見たくて、
張り切って準備した。

そして、現実には、これでもシャンプーが足りなくなり、、、(笑)

もっと小さい容器でいいじゃん!と、

サンプルを渡したからといって、必ず登録してくれるわけではないこともわかった。

そして、多いとなかなか返事がもらえないこともわかってきた。

なので50ml容器に変更したり、30ml容器に変更していった。

数こなしていくうち、いまは、臨機応変になってきた♪

そうこうしているうちに、サンプルを送る前に、ビジネスとして
捉えて、登録する人も増えてきた。

 

そういう場合は、概要書面と製品カタログと一緒に、
サンプルを同封。

なるべく郵送代を節約するため、ぺっちゃんこにして送りたい。
そんなわけで、こんな裏ワザが出てきた。

じゃじゃ~ん!

チャック袋~(ドラえもんの声で♪)

チャック袋は、100円ショップで小さなサイズだったら50袋入りとか、
大量に入っているので、サンプル作りに欠かせない。

最初のうちは、こんな風に外袋にシールを貼ったり、
かわいい紙を入れて、装飾なんかしたりもしていた。

22

チャック袋に詰めたシャンプーとリンスを入れるとこんな感じに♪
自分が楽しんでいます♪

15

これなら、つぶれても袋の中だし、平ペったいので、
概要書面と一緒に封筒に入れて郵送もできるし、
なかなかいいアイデア♪

そんな感じでサンプル作りにいそしむのでした~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です