どうしても製品の注文をしたくない

高麗人参。

032

高麗人参のニオイがキツイといって、
製品を使う気が失せてしまう人も、なかにはいる。

そしたら、他の製品を試すことだってできるのに、
なぜ試さないんだろう、、、?

そこに見えるのは、本人のなかのブロック。
会社のせい、外側のせい、システムのせい。

なにもかもを外側のせいにして、
自分で今、ここを生きようとしないことが
本当は問題だと思うのだけれど、そこに気付いていない。

そういう人は、どこへ行っても、
ないものねだりをする傾向にある。

いまある環境のなかで、自分が成長できるチャンスと捉えれば、
出口はいくらでも見つかる。

でも、それをしない場合は、「なんのためにここに来たの?」
 と、言いたくなってしまう。

ちょっとネガティブなエネルギーに振り回されて疲れたので、
アップに相談したら、 私も「試されている」とのことだった。

そして、ネガティブな言葉で振り回す人は、
いったん放置したらいいとのことだった。
そして、その人のメンバーさんの面倒は私が見ます、と
伝えればいい、と。

いつか組織図が大きくなっているのを見た時、
意識に変化が起こる可能性もあるから、と。

期待していただけに、本当に残念だったけれど、
サポートをすること、期待することをやめることにした。

サポートをやめると決めたとたん、その人に紹介したい人が
現れた。

手放すと入ってくる。

これが実感できた。

不思議な出来事だった。

私はきっとこういうふうにして、いろいろ試されて行くのだろう。

そして、試されていくたびに、成長の機会を与えてもらっているのだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です