アトミのMLMでドリームキラーへの効果的な対処方法とは?

アトミの話をすると、一定数の人に、
ネットワークビジネスを一蹴されることがあります。

c28aea08-86499

・稼げないでしょ

・時間がかかるんでしょ

・難しいんでしょ

・どうせうまくいかないよ

・ああ~。バイナリーね。このやり方では難しいね

・今、登録しても、もう遅いよ

・ いやいや、私はやらないし

・愛用者としてならいいけど

 
断られるわけではなく、だらだら~っと、
ネガティブなストロークをしてくるケースです。

 

そのときに、相手の言葉は受容したとしても、
自分の中にまで入り込まないよう、
取り込んでしまわないよう、
自分と相手との境界線を持つことが大切です。

自分が取り組んでいるビジネスに対して、
否定的なことを言われたときというのは、
時として、自分の弱みにつけこまれそうに
なる感覚がするときもあります。

 

ですが、ネットワークビジネスというのは、
 自分で自分を信じないと、
まわりの意見に振り回されてしまい、
ネガティブなループを自分のなかに
作り出してしまうのです。

ネガティブな言葉を言う人の不安感を、
自分自身に取り込んでしまうと、
それが自分の思想、価値観とオーバーラップする
ことがあります。

そして、自分がネットワークビジネスに
対して疑いの目を持つようになっていって、
結果、自分で自分を成功とは反対の方向へ、
そう、今までと同じ労働収入の道へと
戻っていく結末になってしまうのです。

複数の収入の柱を持つことになるのは、
とっても魅力的に聞こえますが、
基盤ができるまではラクなことではありません。
どんな仕事にも、それが言えるかと思います。

ですが、他人に言われる言葉をうのみに
するということは、
もしかしたら自分の信念とか、
自分の人生を、他人に舵を取らせている
ということにもなるかもしれません。

結局、ネガティブなことを言う人は、
自分のことを幸せにしてくれるわけでは
ありません。

ネガティブなことを言う人は、
ドリームキラーとも呼ばれますが、
アトミの真実や、本質を知らないだけで、
悪気などまったくないんだと思います。

ネガティブに感じることは、
相手の気持ちであり、
相手の価値観であり、
相手の意見として、
自分のなかに取り込まない。

そして、そういうことを言われるときというのは、
自分の潜在意識のなかに、
「鏡の法則」といって、
持っているものが反射しているだけのことが多いので、

自分の潜在意識を、しっかりと見つめて、
今一度、

「なぜ私は、アトミをするのか?」という、
アトミを決断した初期の気持ちを思い出すといいです。
この時の気持ちが、自分の支えになります。

「アトミで成功したらどうなりたいか?」という
こともイメージしていくといいと思います。

そして、アトミで成功している人に、
ついていくことです。

アトミを応援してくれる人、仲間、
スポンサー、パートナーといること。
ドリームキラーに負けないこと。

アトミをなぜ、やる必要があるのか?
お金を稼ぐ必要があるのか?
なぜアトミなのか?
アトミのどこに可能性を感じたのか? 

時々、自分自身と対話する時間を持つと
いいかもしれませんね。

 
そして、アトミのことを何も知らない人が
ネガティブなことを言うのは、過去の経験から
モノを言う場合が多いものです。

なので、自分が何を言われても笑顔でいられるよう、
アトミの製品、価格、ビジネスに対する確信を
100%に満たしていることが重要で、
そのために、セミナーに参加したり、センターに
足を運んでいるうちに、おのずと好転していくのですね。