バイナリーで愛用者の右に登録された人の悲劇

前回の続きです。

アトミの報酬プランはバイナリーです。
登録は、どの位置につけてもOKという
ことになっています。

ですので、ビジネスとしては、
基本的には自分の左右に伸びる
二本のラインを直線で伸ばすだけでいいのです。

というか、そのほうがいいのです。
ていうか、そうするべきです。
いや、そうあるべきでしょう(汗)

 

アトミの報酬プランはバイナリー。
愛用者もビジネスも、同じ1本のラインに
つながっていきます。

 

ビジネスメンバーには自分の傘下すべての
愛用者の売り上げも、上がってきます。

そんなある日、悲劇が起こりました。

仮に、Aさんとしておきましょう。

Aさんは、自分の集客も順調にいっていました。
そこで、伸ばしていく途中で自分の仲のいい知人の
Hさんにも紹介し、Hさんが「お金がなくて製品が買えない」
というので不憫に思い、Hさんの集客活動を手伝い、
Jさんという方をHさんの右に登録しました。

 

 

それから自分の子どもも将来のために、と、
子どもの名前(Dさん)で登録しました。
そして、子どもにも将来収入を取らせてあげたい、
と、子ども(D)の右側にKさんとLさんを
登録しました。

 

ちなみにHさんは、収入が取りたくてアトミに
登録しましたが、実のところ無購入で、
活動も一切していません。

そして子どものDさんは、
Aさんが勝手に登録しているので、
アトミに登録されていることすら
知らない状態です。

 

 

さて、そんなHさんとDさんの右側に、
Aさんは、よかれと思って登録したのです。

これこそが、悲劇の始まりでした(汗)

 

どういうことか、一言で言うと、
『動かない人(口コミしない、製品を使わない)』の右側に、
自分の紹介者を登録するということです。

 

ホントにそういうケースが多いのですが、
このような場合、時間の差はあるものの、
ほぼ間違いなく組織が崩れていきます。

 

なぜかというと、活動しないHさんの
右側に登録されたJさんは、
たとえAさんのフォローがあったとしても、
Jさん、Kさん、Lさんの集客は、
すべて自分で行わなければなりません。

 

自分の下に動く人を見つけない限り、
自分の左右のラインを両方とも伸ばしていかねば
ならなくなるのです。

 

そもそも直スポンサーが愛用者ですから、
スポンサーは、「動かない人」ということになります。

自力で左右のラインを伸ばすのは、
はっきり言って、すごく大変なことなんです。

 

そしてAさんもAさんで、動かないHさんの右側に
登録した意図や理由があったのでしょう、、、。
「Hさんの右側に誰かが登録されれば、Hさんも活動するようになるだろう」
という期待も込められているんじゃないかと思います。

 

ですが、そううまくはいかないもので、、、(汗)

 

はっきり言って、動かないHさんの右に
登録者がついたらHさんが動くかというと、
ぜ~ったいに動きません!!!

恐れずに言うならば、まちがいなくほぼ100%動きません!!!(爆)

 

つまり、右側に登録したこちらの思いとはうらはらに、
動かない人を、よりいっそう動かない人に
仕立てあげてしまうだけになるのです。

 

だから、血縁関係であっても、
どんなに大切な存在であっても、
ぜったいに動かない人、愛用者だけの人の
右側にはつけないほうがいいです。

さらに言うならば、
紹介だけして、フォローしない人もいます。

 

そういう場合も、なるたけ右側には
登録しないほうがいいです。

 

動かない人や、使わない人の
右側に登録された人たちは、人の倍の努力をして、
悲惨な末路をたどるか、または成功するために自分で
集客して伸ばしていくしかなくなります。

 

私が1年見てきて、崩れゆく組織図を見て、
パワーがバラバラになっているのを見て、
頑張っていたビジネスパートナーが、
疲れ果ててしまって落ち込んでいるのを見て、

 

動かない人の右側につけることがどれだけ
大変な人たちを作りあげてしまうのか、、、

 

ということを、まざまざと見せつけられたのでした。

 

 

アトミのバイナリーを最大に活用するためには、
自分の左右の2本ラインを伸ばしていくことしかありません。

 

そうしていくうちに、やる気のある人が
出てきたら、勝手に自分で自分の左右のラインを
伸ばしていきます。
そして左右のバランスが収入のバランスになるので、
メインラインも伸ばしていくことになります。

 

そうして、メンバーのチカラが集結するから
いっそう強いラインになっていくのです。

これが早く成功する、登録方法です。

 

紆余曲折して失敗もいろいろしてきて、
今もなお修正中ですが、
私のような失敗を犯さないよう、
誰もが幸せになるよう、
失敗ネタは、前もって伝えるように
なりました(笑)

 

バイナリーで愛用者の右につけられた人の悲劇を
二度と繰り返さないようにしたいものですね。

 

 

 

アトミのネットワークビジネスに早く登録をするメリット

アトミのネットワークビジネスを、
する前と、実際しているなかで、
早く登録したほうがいいの?どうなの?

0c969e27bca93169f7256404ea5b9c05_s

実際のところ、どうなの?

ということに関して、お伝えしていきたいと思います。

 
「登録」に関しては、
個人的には、早く登録したことに越したことはない、と
思います。

今年は、成長率40%。
日本では導入期ですし、
外国もオープンしていっていますので、
チャンスが大きいです。

ただし、登録しただけでは、
何も変わりません。

成功したい。
報酬が欲しい。

そういう人の場合は、
登録は早めにしておいた
ほうがいいです。

また、成功したいと本気で思っている場合、
紹介者がどの程度活動している人か
どうかを確認しないといけません。

もしもビジネス活動を一生懸命、
精力的にしている人なら、
お任せでいいのですが、

何も活動できていない人であれば、
「私をメインラインに登録してください。」と、
一言添えたほうがいいかもしれません。

なぜならば、
スポンサーが、あまり活動していない場合、
もしもサブラインに登録をされると、
自分のチカラで、左右のラインを伸ばして
いかないといけなくなるからです。
 

私は、スポンサーに右に登録されました。
その時は、何も知らなかったんです。
 

そして、最初の1か月で気づきました。

スポンサーがいうのです。

「あ、また誰かが登録されていた。」と。

私のスポンサーは、メインラインに登録されていたそうです。
なので、自動的にメインラインが伸びていっているのです。

ですが、私はスポンサーのサブラインに登録されました。
なので、スポンサーが登録する人以外は、
すべて自力で登録せねばならず、
私の傘下からビジネスメンバーが出てくるまで、
時間がかかったのです。

さらには、私は左右を自力で頑張ってきたのですが、
私のスポンサーが、1年で私のラインに登録して
くださっていたのは10人弱でした。
しかもほとんどの方が、無購入。
自動退会処理されていく運命にあります。

どれだけ歯をくいしばって頑張ってきたか。
それをつくづく実感してきたのです。

ですが、根性もついたし、
いまではよき仲間もでき、楽しく活動しています。

宙ぶらりんになっている人たちを見ていると、
本当に、なんとかしてあげたいと思ってしまいます。

なので、もしも新規登録をする機会が
あるときには、
「1人で頑張るのはしんどいから、
伸びているラインに私を登録して!」
と、言ってみるといいかもしれません。

そうすれば、片方は、アップラインと伸ばしていくことが
できるため、片方のサブラインを伸ばすことに
しばらくは集中することができます。

サブラインには、強力な愛用者がいると、
さらに強力になります。

とにかくがむしゃらに動いていくなかで、
誰もが成功していけるようにするには、
どうしたらいいのかなと考えるのが
とても楽しくて、日々の日課になっています。