ネットワークビジネスの成功者になるために必要なもの

ネットワークビジネスの成功者になりたいパートナーがいます。

私のパートナーのDさん。
Dさんは、ビジネス活動しているパートナーです。
ですが、なかなかうまくいかなくて停滞していました。

62527b5ae13f95a1b7d043be0ec14a0f_s

Dさんには、ビジネスパートナーの
Sさんがいます。

Sさんは、フリーターでコンビニのアルバイトをしています。
お金がないと言います。

Dさんはコツコツ活動していますが、
本業もあるため、セミナーになかなか参加できません。

一人で活動しているような状態です。

熱は熱いうちに打て!

という言葉がありますが、
このままではDさんのモチベーションが下がってしまう、、、。

なので、DさんのパートナーSさんと一緒に、
センターに行っといで~!と
促しました。

そして、5月にDさんとSさんは、
センターに行ったのです。

そしたら奇跡が起こったのです。

センターでは、DさんとSさんのために、
特別にセミナーが行われました。

Sさんは、実は製品をほとんど使っていませんでした。
「お金がないから買えない。」という理由で。

アトミに登録して半年たった今も、
歯磨きは市販のものを使い続けていました。

アトミで成功したいなら、
アトミ製品を使わないと成功できません。

そこから意識を変える必要がありました。

労働者意識と、社長の意識の違い。
自分の立ち位置の自覚。

今の立ち位置のままでは成功できない。
ステップアップする意識。
変わる意識。
何を変える必要があるのか?
アトミがカンタンに誰でも成功できる理由。
まず始めにやることとは?

などなど、すぐに実践したくなる話が
たくさん聞けました。

なかでも一番必要なもの、大切なものは、
「アトミをやる理由と決断」です。

そもそも、なぜアトミをするのか?
なぜアトミをしないといけないのか?
理由がはっきりしないと動けません。

そして、「何が何でもやるんだ!!!」という
決断がないと、動けません。

そして、「アトミで成功する」という覚悟と
確信がなければ継続できません。

逆に言えば、アトミをやる理由と、決断と
覚悟と確信を持ち続けた人が成功します。

でも人って、そんなに簡単に変わりませんよね。

「1日30秒の筋トレしよう」

「毎日10分早起きしよう」

「毎日20分歩こう」

「1日100円貯金しよう」

たとえばこんなふうに
いろいろなことを決めても3日坊主に・・・。

どんなにいい話を聞いても、感動しても、
自分のなかで確信と決断しないと
3日坊主になってしまうことのほうが多いのです。

だから、潜在意識から変えて、
意識して習慣にしていくためには、
セミナー、センターに参加し続けたり、
VODを毎日見たりするのがいいのです。

Dさんが一人で活動するのは、
ほんとにしんどいと思います。

遠方に住んでいるので、
いつも電話で報連相をしているのですが、
早くDさんのそばに、強力なビジネスパートナーが
現れるのを願うばかりです。

ネットワークビジネスの過去成功者からの説教について

なんでこんな苦しい気持ちになるんだろう、、、。
私の課題は一体何なんだろう、、、。

PPS_kazaguruma500

私の義姉は、過去に某ネットワークビジネスで 
ダイヤモンドタイトルになったことのある人です。

義姉がアトミに登録してくれました。

先日、義姉の紹介でアトミに登録した人が出ました。
ですが、「協力はしてもいいけれど、ビジネスする気はない。」
と、義姉のサブラインにはつけず、
新しい人もメインラインに登録をしました。

その時アフターをして、こてんぱんにやられました。
「たぶん一生ビジネスはしない。
する気になったら自分から動くからほっといてほしい。」
と、言われました。

それ以来、連絡をこちらから取っていません。

そして数週間後、義姉より連絡が。

義姉の紹介の登録した人が、
問い合わせをしてきたため、
義姉経由で私にLINEメッセを
送ってきました。

そして義姉からは「直接LINE IDをつながる?」
と、言われたので、いえ、義姉経由でお願いします、と
答えたのです。

そしたら急に、
「ホントはあなたがフォローした方がいいんだよ。
(過去のMLMのアップライン=有名な人)もそう言ってるよ。」
と、言うではありませんか。

それを聞いたとき、
私のアップラインに一度確認してみよう、という気持ちと同時に、
「結局、いつまでたっても過去MLMのやり方・考え方を
通してるんだな。」と思い、残念な気持ちになりました。

「私がフォローしたほうがいいという理由を、
また今度話すね。」という言葉に、

「はい。」と答えたものの、
しばらく会いたくなくて、
会いたくない気持ちがドヨヨ~ンと
あります。

また、逆に失敗のレシピを詰め込まれそうで
イヤなんですよね、、、、。

どれが正しいのか、とりあえずアップラインに
相談します。

そして、もしも今後、自分も同じ立場になった時、
どのように立ち振る舞いをしたらいいのか、
このような変化球において、自分で判断できるように
していきたいと思いました。

今は、波長の合わないところには、
関わりたくない、、、。

そんな気持ちでいます。