ネットワークビジネスの夢~セミナー編~

なぜか連日、夢を見ています。

今日も見ました。。

とある都市で、セミナーを受けていました。

そのセミナーは、なんのセミナーか覚えていないのですが、
心理学の勉強をしている仲間とか、知り合いがいました。

citygreen_1

セミナー後、アトミのセミナーにそこにいたオータさんと、

ハヤさんと一緒に行くのですが、もうひとり、ミモさんがいました。

ミモさんは私はあまり好きではないので、気づかれないように
柱に隠れて視界に入らないようにしたのですが、

オータさんとハヤさんが声をかけたようで、
一緒にアトミのセミナーに行くことになったようで、、、。

柱から出て、オータさんとハヤさんに追いつこうとしたら、
もう、2人の姿はありませんでした。

目の前には、地下鉄が。

地下鉄に乗って、わからない駅を通りすごしました。

そして、数人が下りた駅で、私も降りました。

そこで、ハヤさんに電話しました。

「いま、どこにいるの?セミナー会場までどうやって行けばいいの?」

不安で迷子になった私は、

「どうして先に行っちゃったの?」と泣きましたが、

ハヤさんも、いそがしいみたいで、

「じゃあ、しかたないね。」と、

そっけない返事。

セミナー会場に行けずに泣いている自分に、

自分で行き方を調べなかったんだから、

今からでも行き方を調べろよ!と自分に言い、

それでも泣きながら、先に行ってしまったことを責めたくなっている自分。

それは、単なる甘えであり、インナーチャイルドが「わかってほしい。わかれ!」と
訴えているのが表に出てきている、と、

頭ではわかっていても、言わずにいられなくて、

そう言いながら目が覚めた夜中の2時。。。

それから私は、スライト・エッジを読み始めたのでした。。。

スライトエッジ
ジェフ・オルソン
きこ書房
2016-10-08


 

ネットワークビジネスの夢に出てきた人

昨夜、夢を見ました。。。

場所は、小学校の教室らしきところ。

私と机をはさんで、向かい合わせに座っている、
一人の男性。

007

その男性は、アトミのメンバーのarさんです。

そして、他社MLMのトップリーダーでもあります。

男性arさんが薦めていた本、『スライト・エッジ』。

スライトエッジ
ジェフ・オルソン
きこ書房
2016-10-08


10月7日に、本が発売されて、すぐに注文しました。

 
それから毎日、本を眺めては、読めない日々が続きました。
 

arさんは言いました。

「もっと目を大きく開けて。」

「口もおおきく。はっきりとしゃべるといい。」みたいな。

もちろん笑顔で。

そんなアドバイスを夢のなかでいただいたのでした。

 
起きてからも、1日中、夢が頭の中から離れませんでした。

その夜、やっと『スライト・エッジ』を読むことができたのです。

感動しました。

成功というのは、努力して手に入れるものだと思っていましたが、
そうではありませんでした。

努力よりも大切なものが、ここには書いてあり、
それは、誰もができることだったのです。

スライトエッジ
ジェフ・オルソン
きこ書房
2016-10-08


なぜ5%の人しか成功できないのか?

なぜ95%の人は失敗をしてしまうのか?

その答えは、すべて『スライト・エッジ』を見ればわかります。

何度も読んで、私のバイブルにしたいと思いました。